昭和44年創業

先代が名古屋の名店にて修業したのち、現在の地に昭和44年に創業。 うなぎは問屋と連絡を取り合い、その時の最高のうなぎを使用している。 現在、2代目がそのあとを継ぎ、先代と変わらぬ味を目指し日々精進している。  

秘伝のタレ

創業時より継ぎ足しのタレは、地元の人に愛される味。 うなぎのみならず、ウズラの焼鳥にもこのタレを使用している。  

幻の米 ミネアサヒ

地元農家から直接仕入れる米はミネアサヒを使用。 流通量が少なく、幻の米と言われている。 冷めてもおいしいのが特徴で、地元のみならず、県外からもこの米を買いにこの地を訪れる人も多い。  

突き出しの煮物

店主自ら山へ行き採る山菜を使用した煮物は田舎の味つけ。 季節によって、ふき、ぜんまい、キノコ等の煮物が丼、定食の突き出しに付いている。 また、冬季には店主が獲る猪や鹿などの煮物が付くこともある。